自力で解決しようとしてはダメ?

大抵の問題は、自分自身で解決しようとすることが普通です。自分が発端となった問題であれば、それはなおさらです。しかし、中には自分ではどうしようも無い問題、というものがあり、その場合は自分だけで解決しようとするのは愚かなこと、と言えるときもあります。

では、交通事故の場合はどうでしょうか。それを、事故の被害者であっても、または加害者側であっても、怪我がほとんど無いという場合でも、自分で解決しようとすることは正しい、と言えるでしょうか。その答えは、NOです。

なぜなら、交通事故の賠償請求等においては、私達にできることは限られているからです。それは、賠償請求を私達が行えない、ということではなく、自分で行うと、本来受けるはずの、加害者側からの賠償が少なくなってしまう、ということが往々としてあり得るからです。

それは一体どういうことでしょうか。『賠償請求』というのは、簡単に言うと加害者に賠償金を請求することです。

運転手は自賠責保険に加入していますから、その保険会社とのやり取りが主になります。これは、自分で行える気もしますが…実際のところ、自分自身で行うのと、『弁護士に依頼して行う』のとでは、受け取れる賠償額に大きな差が発生する、という統計があります。

「弁護士に依頼する確かなメリット」